人生何があるか分からぬ

葛藤を乗り越えて出産を決意したいちOLの記録

3つ目の病院へ

そしてまた病院探し。

ネットで探してみたけど最寄り駅では良い病院が見つからなかったので隣駅の産婦人科へ行くことに。

Aの隣駅とBの隣駅それぞれに産婦人科があり、迷ったけどHPがまだ機能していて女医さんのいるAの産婦人科に決定。

Bは夜遅くまでやっているのが魅力だったけど、HPがちゃんとしていなかったのと男性医師だったのがネックで。

 

予約不要の病院なので、午後半休をとって午後1の診察に間に合うように向かう。

目的は本当に切迫流産でないかを再確認してもらうこと。

 

古めかしい個人病院。

待合室は広いけどウォーターサーバーもなし。

受付も本当に昔の小さな受付台で愛想のないオバサンが対応。

けど、先生がとても良い方。

女性の方でお母さんのような柔らかさと話しやすさがあって、助手の方々も年配だけどとても優しく感じが良かった。

 

そしてやっぱり切迫流産ではないと言われた。

あまり重い軽いとか判断したくないけど、多少血が出ているくらいだと。

絶対安静とも言われなかった。

夫とも話したことだけど、診る人によって結果は変わるもので判断を急いじゃいけないんだな・・・。

(それとも急に治った?)

 

最初の病院で切迫流産と言われ、それからは何をするにもビクビクしていたからやっと安心できた。

無事に通勤できて一安心、無事にお風呂からあがれて一安心、寝る時には大きめのタオルをお尻に敷いておいて朝起きて出血していなくて一安心、のような感じだったから。

 

もしここに通うなら血液検査をしないといけないからまた来てねと。

この時点で妊娠9週。


まだ結論は出ていないけど、夫も私も何となく産む方向に向かいだした。

広告を非表示にする