読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生何があるか分からぬ

葛藤を乗り越えて出産を決意したいちOLの記録

緊急帝王切開レポ

夫が駆けつけてくれた10分後でしょうか。

手術室へ呼ばれました。


夫と2人きりで少し話したかったのと、夫に最後にお腹に語りかけてほしかったのですが、いかんせんバタバタしていて時間がなかったので叶わず。

これは心残り。


手術室へ入りました。

ヒーリング系の音楽が静かに流れています。 バースプランではアロマを希望していたけど、用意されていなくて残念。


中央に手術台が置かれています。

分娩台ではなく、普通のフラットな手術台。


病院のパジャマなど身につけていた衣服を脱ぎ、横たわります。

体にはタオルか何かをかけてもらっていました。


心電図の電極?と、血圧計を付けられました。

剃毛は陣痛室で対応済み。


隣の分娩室で分娩真っ最中らしく、先生はそちらを対応中なので待っていて下さいと。

しばし時間が経ち、隣から赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえてきて無事に産まれたんだとホッとしました。


いよいよ私の番か…

とドキドキしていたものの、先生はぜーんぜん来なくてウトウトしてしまうほど。

多分1時間くらいは待たされましたね…。

それならもう少し家族と一緒に話していたかったのに…。


ともあれ「遅くなってごめんなさい」と先生登場。

「急にこんなこと(緊急帝王切開)になっちゃってすみませんね」とか言われましたが、先生のせいではないし「いえ、こちらこそ」と。


そして導尿、麻酔が施されます。

無痛分娩希望だったので、無痛分娩用の麻酔の管を既に陣痛室で入れられていましたが、二重麻酔なのか?よく分からず。

「背中がスッと冷たくなります」と言われ、本当にスッと一瞬冷たくなりました。これが麻酔らしい。


帝王切開用の麻酔は胸から下の局所麻酔。

しばらく時間を置いて麻酔が効いているかチェックされました。

チェックは大丈夫だったけど実際に切られて痛かったらどうしようと痛みに弱い私は緊張マックス。


「よろしくお願いします」と先生の挨拶のもと、手術が始まりました。


局所麻酔なので意識はハッキリ。

棒にタオルがかけられ、施術は見えないようになっています。

ちゃんと麻酔は効いていて痛みは全くなく一安心。

赤ちゃんを取り出して一瞬で終わりかもなんて考えていましたが、取り出すまでに時間が結構かかるものですね。

「お腹のところちょっと変な感じしますよ」とかたまに声をかけてもらっていました。


そしていよいよ。

お腹がふっと軽くなる感覚があり、赤ちゃん誕生!!!


「帝王切開だし産声は上げないだろう」と思っていたのにこの世に出てきてすぐにホギャー!ホギャー!と元気な産声を聞かせてくれたのです。


スーッと涙が出てきました。


「おめでとうございます!」

「7時33分!」

など声が聞こえました。


白い胎脂をまとって出てきた赤ちゃん。

手術台の隣のベッドのようなところに連れていかれ、色々処理されているのを見つめていました。

泣きながら長い手を指を伸ばしている赤ちゃん。

五体満足で産まれてきたようでホッとしました。


そして「おめでとうございます!男の子の赤ちゃんですよ!」と綺麗になった赤ちゃんを顔のすぐ横に見せに来てくれました。

体が動かせないので少しだけ赤ちゃんに顔をすり寄せました。

一瞬の触れ合いだけど少しヒンヤリ、つるりとした感覚。


「ありがとうございます」と言いながらまた涙が流れました。


感動、喜び、本当に母になった自分への不安、産声を聞けた嬉しさなどが混ざり混ざった涙でした。


その間も着々と私の帝王切開は続いています。

胎盤も取り出され、時間をかけて縫合。


無事手術が終了。

心電図の電極と血圧計が取り外され、ストレッチャーに移動されて服を着せてもらいます。

「ご家族には赤ちゃん会えましたので」と言われ、残念な気持ちに。

私のいるところで初めて赤ちゃんと会ってほしかったなと。


そしてストレッチャーを押されながら手術室から出ました。

病室前で夫と両親が待ってくれています。

「よく頑張ったね!」「おめでとう!」と笑顔で声をかけてくれる夫と両親の姿を見て声も出ず「うんうん」と泣きながら頷く私。


そして病室のベッドに移されました。

手術が終わってから急に寒気が襲ってきてガタガタ震えていましたが、病院側も心得たもので電気毛布とお布団をかけてくれました。


そうしてようやくひと段落。


ガタガタ震えている私を心配しながらも「本当に産まれたね」「頑張ったね」と手を握ってくれる夫と会話。

「(赤ちゃんの)声高いよね。鳥みたい。」と笑う夫。


だいぶ体が回復してきて、動くことはできませんが私も笑顔で会話できました。


泊まることはできないので両親も夫も途中で帰宅。

寂しかったけど、私も疲れていたのでそのまま眠りについたのでした。


広告を非表示にする