人生何があるか分からぬ

葛藤を乗り越えて出産を決意したいちOLの記録

お宮参り

1ヶ月健診の数日後、お宮参りしました。

 

場所は夫の実家近くの神社で夫もそちらでお宮参りをしたとのことです。

 

セレモニードレスは私が着たもの、お着物は夫のお宮参りで使用したもの。

私たちが使用したものを自分たちの子供が使用するなんて、何だかジーンと感動。

 

母の希望で私はお着物を着用。

朝早くから近くの理容室(美容院じゃなくて理容室って表現がピッタリな…笑)でセットし、母に着付けしてもらいました。

しっかし時間が経つと段々髪が崩れてきて、やっぱり理容室だなーとゲンナリ。美容院でセットすると時間が経っても崩れないですもんね…。

 

この日が里帰り最終日でお宮参りを終えたらそのまま自宅へ帰ることになっていたので朝からバタバタ。

夫が迎えに来てくれて荷物を積み込み。

1週前に1度荷物を持って帰ってもらっていたのにまだまだ荷物がたくさんあって車がパンパン。

愛犬もいるし、更に人間が1人増えているんですもんね 汗

 

支度を終えて神社に向かい、現地で夫のご両親と合流。

夫のご両親がジュニアに会うのは入院中以来、約1ヶ月ぶり。

とても嬉しそうでした。

 

当日は少し寒かったけど日差しもあっていいお天気!

 

ご祈祷は他のグループ1組と一緒で3ヶ月の女の子でした。

冬生まれの子なので暖かくなってからとお参りの日数をずらしたそうです。

3ヶ月にもなると足の大きさとか全然違うなー。

 

ご祈祷の間、ジュニアはイイコにしてくれていて助かりました。

ずーっとねんねしていました(笑)

もう1人の女の子は少し泣いちゃっていてお母さんが慌ててあやしていて大変そうでした。

赤ちゃんだし、ご祈祷の間ガシャガシャ音も鳴らされるし仕方ないですよね。

 

ご祈祷と写真撮影を終えて夫の実家に立ち寄らせて頂き、お着物を脱いで授乳ワンピースに着替え、少し休んでからお食事処へ。

両家両親と私たち親子で楽しくお食事。

途中で1度授乳。

 

その後また夫の実家に立ち寄って少し団欒し、私の両親が先に帰って私たちもしばらくしてから帰りました。

 

いよいよ自宅での生活がスタートです。

日中自分1人だけになっちゃうのが寂しいし不安…。

クタクタでゆっくり寝たいけど夜間授乳があるからそれもできないのが悲しい( ;  ; )

なんとか頑張らねば…。

 

広告を非表示にする