読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生何があるか分からぬ

葛藤を乗り越えて出産を決意したいちOLの記録

入院3日目→緊急帝王切開へ

そして迎えた3日目。

生産期に入り気持ちも落ち着いたのか前日よりはよく眠れました。

でもやはり陣痛は起きず。


この日も早朝7時前から先生の内診。

痛い。


相変わらず子宮口も2cmのままみたいだし、陣痛も起きないので今日から薬を使っていこうと。

促進剤の一部で子宮口を和らげる飲み薬とのこと。

それで陣痛も誘発されれば良いんだけど、経産婦さんは陣痛が起きやすいらしいけど初産婦はこれだけじゃ難しいかもね、と。

バルーンを子宮口に入れて広げるやり方もあるけど破水しているからできないので飲み薬でと。


先は長いのかなぁ。

急いで産みたい訳じゃないけど落ち着かないしお風呂に入りたいし早く帰って愛犬と戯れたいなとか。


朝食後、陣痛が起きても良いように荷物を小さいバッグにまとめました。

中身は携帯、充電ケーブル、安産祈願でいただいた御守、義両親からいただいた安産祈願御守、お茶が入った水筒、テニスボール、タオルハンカチ。


陣痛室へ移動し、点滴をしながらノンストレステストのセンサーをお腹に付けてもらいました。

陣痛室のノンストレステストはワイヤレスなのである程度歩き回っても良いとのこと。

そして9時半くらいに1回目の服薬。


両親と夫へはそれぞれ早朝からこの処置の連絡済み。


両親はいつも通り面会時間の午後から来てくれることになっており、昨夜は実家に泊まってそのまま出社した夫は何かあったらすぐに連絡してくれと。


服薬は1時間に1つ、3時まで。


ドキドキしながら様子を見ていたけど何の変化もないまま時間が過ぎていく。


何度か行ったお手洗いでセンサーが何度か外れてしまい、その度にナースコールして付け直してもらったのが申し訳なかった…。


お昼ご飯も陣痛室で。

動いていないからお腹も空かないけど、陣痛がいつ起きるか分からないし食べておかなきゃと思って無理矢理口に入れる。

入院して初めて少し残しちゃったけど。


午後の面会時間になり、両親が陣痛室に来てくれました。

他愛もない話をペチャクチャ。

「産まれるのは明日になるのかなぁ」とか話しながら最後の服薬。

お手洗いに行き、体がなまってきたのでストレッチなんかしていたら急に助産婦さんがバーン!と中に入ってきてストレッチしていたのが怒られるのかと思いきや、赤ちゃんの心拍数が下がっているとのこと。


両親は外に出され、助産婦さんがもう1人入ってきて「赤ちゃんに酸素送ってあげて!」と酸素マスクを渡され、脈をとられ、「先生呼んできて!」とかものものしい雰囲気に。


すぐに先生が来てくれて「帝王切開しましょう」と。

昨日も赤ちゃんの心拍数が下がることがあり、今日も下がる時があり、陣痛も起きないけど薬は赤ちゃんに負担がかかるのでもう産んだ方が良いと。


まさか帝王切開になるなんて思ってもいなくて、そして今日が出産当日になるなんて思ってもいなくて、緊張が止まらない。


夫にLINE。

5分くらいしても既読にならないので電話をかけてみたらすぐつながった。

緊張した声で私の両親からも連絡をさっきもらったと。すぐに向かうからと言ってくれました。

でも病院へは2時間かかるとのこと。


手術時間は未定で人員を整理して夕方くらいから始める予定と先生に言われました。

夫の到着予定が17時半頃になりそうだったのでそのくらいまで待ってほしいと伝えたところ分かりましたとは言ってもらえたけど、帝王切開の場合は立会いできないということだったので、それなら間に合わなくてもまぁいいかと考え直しました。


手術が始まるまではまた両親と陣痛室でゆったり待機。

まさか帝王切開になるとはね、こんな早くなるとはね、などとおしゃべり。


そして息を切らせた夫が「間に合ったー」の陣痛室に飛び込んできて手術前に少し話すことができました。

その約10分後に呼ばれたのでホントギリギリ。

それとも待っていて下さったのかしら…。